header_watch220118
WATCH!600.210
イベント
2023.01.16

西日本第一本部 「人間尊重」ポスター大募集企画

皆さま、こんにちは。西日本第一業務部長の枝澤です。

毎年12月は、SOMPOケアの人間尊重月間です。

それに合わせて、西日本第一本部では

「人間尊重」をテーマにしたポスター制作企画を実施しました。

本部内で個人・グループ問わず募集をしたところ、なんと47もの応募をいただきました!

西日本第一本部と広報部、そして鷲見社長にもご参加いただき、1次、2次と厳正な審査を行い、各賞が決定しましたので、発表いたします。

 

 

まずは私

「枝澤部長賞」

「そんぽの家 なんば」です!

発案者である看護スタッフの本間 千伽さんに、この作品に込めた想いを聞きました。

このたびは、枝澤部長賞をいただきありがとうございます。
なんばのスタッフ全員で意見を出し合い、作成したポスターです。
働く私たち一人ひとりが『ご入居者さまらしさ』を大切にする想いを常に持ち、日々介護に携わっていることを表現したいと思いました。
ご入居者さまのこれまでの人生、想いを介護現場で働く私たちが受け止め、尊重し、ご入居されてからも守り続けていくスタッフであり続けたいという想いを込めています。
スタッフ一人ひとりの『らしさ』も大切に、一つのチームとして協力し、私たちにしかつくれないご入居者さまとの繋がりをこれからも大切にしたいと思っています。

 

 

続いて、西日本第一推進部長 白井さんより

「白井部長賞」

「そんぽの家S千里山東」です!

発案者であるケアスタッフの岸本 久美さんに、この作品に込めた想いを聞きました。

白井部長賞をいただきとても嬉しく思います。
「人間尊重」という言葉は経営理念にあるので聞き慣れていますが、「説明する」「理解する」となるととても難しいです。
千里山東に関わってくださっているたくさんの方に参加していただき「すべての年代の方に伝わる作品」ということを1番に考え、制作しました。
「痛いの痛いの飛んでいけ~」で痛みが和らぎ、手を振って挨拶したり握手をしたり、そして安心を与え、与えられる、他にもたくさんありますが、手は不思議な力を持っています。
全ての人に使えるその不思議な力で、皆が笑顔で過ごせることが「人間尊重」の一つだと思い、アイデアを出しました。
協力してくださったご入居者さま、ご家族さま、ご入居者さまの愛犬ココちゃん、スタッフに心から感謝します!!

 

 

続いては特別賞として

「広報部賞」

「そんぽの家S壬生」です!

制作者であるケアスタッフの福中 幸代さんにこの作品に込めた想いを聞きました。

このたびは、広報部賞をいただきありがとうございます。
私がこのポスターで伝えたかったことは、人は一人ひとり違って同じ人はいない、同じ人生などなく、楽しかったことや辛かったこと、いろんな経験をされてきたその方の人生は、何にも変えられない大切なものであるということ。
目の前にいるその方の背景には、いろんな思いやこれまで生きてきた人生が詰まっていることを忘れてはいけないと思います。私たちはその唯一無二であるその方の人生すべてを尊重し、大切に守っていくという思いで、この介護というお仕事ができるといいなという思いを込めました。

 

 

続きまして第3位に相当、西日本第一本部長 吉岡さんより

「吉岡本部長賞」

「そんぽの家 茨木島」です!

制作者であるケアスタッフの徳島 萌乃さんにこの作品に込めた想いを聞きました。

まずは、賞を授与してくださった吉岡本部長、審査員の皆さまにお礼申し上げます。とても光栄です!
いつもお世話になっているご入居者さま方を思い浮かべながらポスターの構図を考えていたのですが、「杖歩行の方を描くなら車椅子や歩行器の方も描きたい…」「視覚障がいの方もいらっしゃるし…」「病気は目に見えるものだけじゃない、認知症の方も描こう!」と考えているうちに、A4サイズいっぱいにご入居者さまが増えてしまいました(笑)
障がいや病気の重さは違いますが、命の重さは全員同じです。茨木島のご入居者さまやご家族さま、スタッフはもちろん、すべての人々が笑顔で穏やかに過ごせる世の中になってほしい。
そんな思いがこの絵から伝われば幸いです!

 

 

続きまして第2位に相当する

「優秀賞」は!

「門真 光の森デイサービス」です!

代表してケアスタッフの長峯 秀さんにこの作品に込めた想いを聞きました。

このたびは、優秀賞に選んでいただきありがとうございます!
この作品は、スタッフ全員とご利用者さまで意見を出し合い制作しました。
今回、ポスター応募企画のお話をいただいたときに“光の森デイサービスらしい作品”とはどんなものかと話し合い、「ご利用者さまの笑顔を見てもらいたい」「書道の上手なご利用者さまに題字を書いていただいてはどうか」
と皆の意見が一致し、その思いを作品として表現しました。
スタッフの“一人ひとりのご利用者さまを大切にしたい”という思いと、デイサービスを楽しんでいただいているご利用者さまの様子を詰め込んだ作品です!

 

 

そして、栄えある第1位

「最優秀賞」は!

 

 

!!

 

「ラヴィーレ弁天町」です!!!

制作者であるケアマネジャーの小谷 右貴子さんにこの作品に込めた想いを聞きました。

このたびは、最優秀賞に選んでいただきありがとうございます。私の作品が選ばれるとは思っていなかったので大変うれしく思います。人間尊重のイメージを形にした作品です。一人ひとり、個性や歩んだ人生も違って当たり前。当たり前を認め合える世の中になってほしいという願いを込めて作りました。みんなの個性を大事にしながら、これからも心のこもった支援を続けていきたいと思います。

 

以上、6つの作品が受賞しました!

受賞された皆さま、おめでとうございます!

また、今回は他にも魅力溢れるポスターが本当に多くあり、僅差で受賞に至らなかった作品も多数ありました。

ご応募いただきました皆さま、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました!

普段からご利用者さま、スタッフに対して思いやりの心を持って接しているからこそ、このような素晴らしい作品が生まれるのだとひしひしと感じております。

今後もこのような楽しい企画を考えていきますので、ご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

いいね 17
読み込み中...
この記事をシェアする

ABOUT USこの記事を書いた人

篠田 祐介
パンフやチラシなどの紙媒体やイラスト・キャラクター制作を担当。