header_watch220118
WATCH!600.210
ニュース
2022.05.27

そんぽの家 豊中穂積が新築移転、ブランドも新たにラヴィーレ豊中として4月にオープン!

2022年4月11日、大阪府豊中市で20年の歴史を誇るそんぽの家 豊中穂積が新築移転。
ブランドも新たに、ラヴィーレ豊中としてリニューアルオープンしました!

移転先は同じ豊中市内。最寄り駅の阪急宝塚線「岡町」駅から徒歩約6分、豊中市のターミナル駅である「豊中」駅から徒歩約9分、そして阪急バス「阪急岡町」バス停からも徒歩約6分と、公共交通機関からのアクセスが良く、ご入居者さまのお出かけやご家族さまの来訪にも便利な場所です。

ラヴィーレ豊中の特徴

①多彩で上質な共用空間

ラウンジやカフェなど、ラヴィーレブランドならではの上質な共有空間が設けられました。

特に各階に設けられているラウンジは、ゆとりのあるスペースと上質なインテリアで構成された優雅な空間で、ご入居者さま同士で談笑されることも、お一人で自由に過ごすことも可能です。

 

広々とした上質なラウンジ

 

ダイニングは、開放感があり落ち着いたデザイン

②地域の特徴を活かしたアートワーク

豊中市は2015年に文化庁から芸術創造都市に選出された、豊かな自然や文化、歴史のある町です。そんな豊中市ならではの特色をホームの生活でも感じていただけるように、ホームの各階にアートワークを設置しました。

昭和25年に始まり、多い年には35万人が参詣する「豊中えびす祭」や、約100本の木々が並ぶ「千里園熊野田線のケヤキ並木」、そして日本各地の代表的な民家を移転復元した「服部緑地日本民家集落博物館」の写真など、豊中の街の雰囲気が感じられ、思わず街へ繰り出したくなるようなアートワークが並んでいます。

1Fにならぶ「豊中えびす祭り」

 

アートを楽しまれるご入居者さま

③機能性とデザインを兼ね備え、その方らしく過ごせる住まい

高齢の方や認知症のある方、身体に障がいのある方など、ご入居されたどなたでも、その方らしく過ごしていただけるホームとして、ユニバーサルデザインを意識した工夫が建物全体に取り入れられています。

たとえば、共有スペースのソファーカバーやフロアの色を、階ごとに変えています。こうすることで、視覚機能が低下しがちな高齢の方でも、自分が何階にいるのか分かりやすくなります。

2階はグリーン

 

4階はオレンジ

 

また、1階のエレベーターやトイレなどでは飛び出たサインを使用することで、より目に入りやすく、認識しやすいようになっています。

 

さらに、気軽に入浴したいというご要望にお応えし、シャワー付き居室も新たにご用意しました!

 

ホーム長からのコメント

ラヴィーレ豊中 稲岡 眞美ホーム長

 

お世話になった豊中穂積のホームから、ご入居者さまとともに新たな場所、「岡町北」に引っ越してまいりました。岡町の皆さまと地域交流をしながら地域の皆さまに愛されるホームを目指して、また、ご入居者さまには楽しみのある生活と、ワンランク上のおもてなしを提供できるよう、スタッフとともに日々努めてまいります。

 

ホームの詳細な情報や、ホームの日常が綴られたホームだよりはこちらからご覧いただけます!

▼SOMPOケア ラヴィーレ豊中

https://sompocare.com/service/home/kaigo/H000456

いいね 4
読み込み中...
この記事をシェアする

ABOUT USこの記事を書いた人

小林 美佳子
ウェブサイトのいろんなことをやっています。
白湯がおいしい季節ですね。