header_watch220118
WATCH!600.210
連載
2022.04.22

ホーム見学会やイベント集客につながる かんたんで見やすいチラシを作ろう!(3)

今回はステップ3の「キャッチコピーを考える」を解説します。

ステップ1(誰に伝えたいのか明確にする)を確認したい方は→ここをクリック

ステップ2(チラシに載せる情報を書き出す)を確認したい方は→ここをクリック

 

キャッチコピーとは、商品の魅力やサービスの情報をわかりやすく凝縮し、ターゲットの心を“キャッチ”するためのコピー(文章)です。実は一番難しい作業ですが、たとえチラシのデザインがイマイチでも、ターゲットを振り向かせ、行動に繋げることができる非常に重要な要素です。

 

ステップ1で「誰に伝えたいか」を考え、ターゲットを絞りました。そのターゲットの悩みや課題を解決できる自社の強みや、競合他社と差別化できる要素、価格、利便性など、欲しい情報や行動に移すきっかけなどを、思いつくまま書き出してみましょう。

ターゲットになりきり、ターゲットが抱える不安や不満、悩みなど書き出し、それを解消できるポイントを考え、ホーム・事業所の自慢やサービスの特徴などをまとめてみましょう。

 

書き出した単語や文章を組み合わせて、チラシを手にしたときすぐ捨てられないような、思わず読みすすめてしまうようなキャッチコピーを作れたら最高です!

ステップ1でも説明しましたが、不特定多数の人に向かってチラシを作っても、そのメッセージは誰にも反応してもらえません。多くの人に反応してもらうのではなく「誰に」反応してもらいたいのかを明確にすることが重要です。考え方を柔軟にして、「私のホームはこのような方に合うと思うから、ぜひ来ていただきたいなぁ」とピンポイントでキャッチコピーを制作してみるのも効果的です!

何と言ってもチラシの成功率は、100枚配って1人反応があれば大成功なのですから。

 

目に留まるキャッチコピーにするためのコツ

  • 数字の活用

「ご入居者さまの98%が〇〇アクティビティをご利用されています!」「ホームで人気Nо1」など

  • 新しさ

「リニューアルオープン」「新サービス」「New」など

  • 限定性

「空室残り2部屋」「10名さま限定」「期間限定キャンペーン」など

  • 話題性

「○○新聞に掲載」「○○テレビで当施設の取組み内容が放送されました」「今大人気の○○!」「注目されています!」など

  • 利便性

「駅近!徒歩約5分」「各専門医が居室まで訪問!外部受診の必要がありません」など

  • 実際の声

「居室で愛犬と一緒に過ごし、天気の良い日は夫と愛犬と散歩を楽しんでいます。(ご入居者さま/88歳/女性)」「ラウンジでコーヒーを飲みながら、新聞を読んだり歓談したり楽しんでいます。(ご入居者さま/90歳/男性)」など

 

誰でも、最初から反響を呼ぶキャッチコピーは作れません。反応を見ながら、徐々にターゲットに響くキャッチコピーを見つけていきましょう。何回かチラシを配布していると、ある日突然多くの問い合わせが来る日がきっときます。そのチラシはターゲットに響いたチラシなので、たくさん活用しましょう。

 

以上ステップ3の「キャッチコピーを考える」でした。

次回は、ステップ4の「簡単にレイアウトを作る」を解説します。

集客できるチラシを作れるように一緒に頑張りましょう。

いいね 2
読み込み中...
この記事をシェアする

ABOUT USこの記事を書いた人

砂坂 奈央子
週4パート勤務。
Illustrator、Photoshopが得意。
家の断捨離頑張り中。子どもたち思春期反抗中。