header_watch220118
WATCH!600.210
連載
2022.01.20

「親バカですけど、何か?」~我が家のペット自慢~

「ラブちゃん」

このコーナーでは、SOMPOケア社員の皆さんが飼っているペットを紹介していきます。

記念すべき第一回目は・・・なんと!

遠藤社長の愛犬、オーストラリアン・ラブラドゥードルの「ラブちゃん」です。

 

ラブラドール・レトリーバーとプードルなど4犬種の交配種で、においや抜け毛が少なくアレルギーをお持ちの方にも優しい犬種だそうです。

また、穏やかで賢い性格は、セラピー犬としても大活躍。

2021年5月生まれの男の子で、やんちゃ盛りのラブちゃん。

最近のお気に入りはテレビだそうで、テレビをつけると大はしゃぎです。

※著作権保護のため映像に処理をしています

 

そんなラブちゃんとの出会いは2021年7月。

ニチイ学館さんのご紹介で、千葉県茂原市にあるオーストラリアン・ラブラドゥードルのブリーディングを行っている、同社のファームに足を運んだのがきっかけでした。

実は、遠藤社長は2021年4月に、13年間共に過ごした愛犬を病気で亡くしました。その子の名前も「ラブちゃん」。

日課だった毎朝5時の散歩や、何気ない日常の喜びなども同時に失ってしまうことに・・・。

社長も奥様も深い悲しみの日々のなか、「もう犬を飼うことはないね」とお2人で話をされていたそうです。

ですが、ファームで元気に走り回っている仔犬を見た途端、その可愛さに心奪われ、家族に迎え入れることを決めました。

2代目ラブちゃんが来てから朝の散歩も再開。これまでの日常が戻りました。

93歳になる遠藤社長のお母さまも犬がとても好きで、ラブちゃんに会うと大変喜び、お元気になるそうです。

セラピー犬としての役割も、しっかり果たしているラブちゃんです。

奥様とも毎日、「2代目ラブちゃんを迎えてよかったね」と話しているそうです。

 

 

最後に遠藤社長は、「ラブちゃんを迎え毎日が楽しく、生活に彩りがあり、生きがいを感じる。ラブちゃんは元気の源であり、自分が80歳になっても一緒に散歩をしたい」

と話してくれました。

「散歩中のラブちゃんと遠藤社長」

 

このコーナーでは、皆さまのご自慢のペットをご紹介させていただきます。

「うちの子もぜひ!」という方、ぜひ広報部へご連絡ください!

いいね 9
読み込み中...
この記事をシェアする

ABOUT USこの記事を書いた人

篠田 祐介
パンフやチラシなどの紙媒体やイラスト・キャラクター制作を担当。