header_watch220118
WATCH!600.210
トピックス
2023.07.27

『私の素敵な仲間たち レクリエーション委員会編』 ラヴィーレ八王子片倉 

盆踊り動画撮影のため浴衣姿で♪

左から 熊谷さん 金子さん 樋川さん 吉田さん(副ホーム長) 福島さん 右が記事を担当した峰岸さんです

https://www.sompocare.com/service/home/kaigo/H000049/message-detail/216317

 

2023年1月にウェブ社内報「SOMPOケア WATCH!」が開設1周年を迎え、職員の皆さんへ感謝を込めて、プレゼント企画を実施しました。

1周年記念プレゼント企画の記事はコチラ → https://www.sompocarewatch.com/news/7211/ 

プレゼント企画のひとつは、「WATCH!のライター体験」。SOMPOケアグループの職員3名限定で、普段、WATCH!編集部のライター(広報部員)が行っている記事制作を体験していただく企画です!

ご応募いただいた方の中から、3名の当選者を決定!

今回は当選者のひとり、入社10年目を迎えるラヴィーレ八王子片倉の介護職員 峰岸弘子さんがライター体験!ホームの魅力を伝えてくれました。

 

ラヴィーレ八王子片倉では、ご入居者さまへのサービス向上のために色々な委員会を設置しています。

今回は現在9つある委員会のうちの1つ、ラヴィーレ八王子片倉自慢のレクリエーション委員会をご紹介します。人が生きていくなかで、やっぱり「楽しみ」はなくてはならないもの。ご入居者さまに楽しいと感じていただけるように、スタッフが日々努力する様子をお届けします♪

レクリエーション委員会のメンバーについて

委員会のメンバーは、何かしら一芸を持っている個性派揃い。例えば段ボールで工作するのが得意で、顔出しパネルや劇の大道具をあっという間に作れる人。ひらめきが独特で、楽しいイベント企画を立ち上げられる人。動画編集が得意な人など。そして全員が歌も踊りも大好きで、イベントになると歌って踊って、ご入居者さまもスタッフも一緒になって楽しみます。

誰かが「こういうことをやりたいんだけど」と言えば「いーね、面白そう!」と賛同してくれ、アイデアという名目で妄想が暴走することもたびたび(笑)

昨年末のイベントでは、「ご入居者さまの思い出の歌と、その思い出にまつわるエピソードを聞いて紹介したい」と提案すると、「せっかくならテレビ番組風に動画を作って流そうよ」「夕方の年越しイベントの時、それらの曲で踊ってご入居者さまと一緒に盛り上がろうよ!」「じゃあ衣装はピンクで統一して、テレビ画面から出てきました~って演出にしよう♪」とアイデアが膨らみ、話が尽きませんでした。

当日のイベントの様子は、以下からご覧いただけます!

https://www.sompocare.com/service/home/kaigo/H000049/message-detail/187733

https://www.sompocare.com/service/home/kaigo/H000049/message-detail/188079

 

そんな私たちですが、ご入居者さまに楽しさや喜びを日々の生活で感じていただけるように、また、いつまでも健康で幸せであるようにと、スタッフの想いは同じです。

月に1回実施しているレクリエーションミーティングの風景です

この日は、コロナで中断していたボランティアレクリエーションの再開について話し合いました

 

大切なこと

レクリエーションの企画は、段取りがとっても大事です!

アクシデントが起きないように備えることがとても重要なので、スタッフ同士話し合いを重ね、しっかり事前に準備をします。

レクリエーション後、ご参加いただいたご入居者さまからの「面白かった~♪」「楽しかった♪」の言葉と笑顔が、次へのパワーにつながります。

しかし、時には反応がいまひとつなレクリエーションも・・

それはそれで「良い勉強になった」と切り替えて、次につなげています(^▽^)/

2023年3月 ケアコンダクターの村島さんが介護プライドマイスターに認定され、サプライズでお祝いをしました

「介護プライドマイスターのお祝い企画」↓

https://www.sompocare.com/service/home/kaigo/H000049/message-detail/204678

 

 

2023年2月 委員会再編時(新規入社や異動があった時など)にスタッフに向けて、委員会活動を紹介するための動画を撮影したときの様子

いつもコスプレしているわけではありませんよ(笑)

『みんなで一緒に』

楽しいことをしている時の笑顔や笑い声は、波のように広がっていきます。

主催者側だけが楽しければ良いわけではなく、ご入居者さまも、委員以外のスタッフも巻き込んで、ホーム全体がワクワクやウキウキに包まれるように、協力し合ってこれからも『レクリエーションの八王子片倉』として頑張っていこうと思います!

 

次回は、「ホームだより担当者」についてお届けします。

お楽しみに☆

はーとまーくを、おしてね♪
いいね!
いいね 72
読み込み中...
この記事をシェアする

ABOUT USこの記事を書いた人

峰岸弘子
ラヴィーレ八王子片倉でケアスタッフとして勤務。 「ネコになりたい」と思う日々。