header_watch220118
WATCH!600.210
ニュース
2022.04.07

サ付きの新ブランド「SOMPOケア ラヴィーレレジデンス横浜本郷台」が4月1日にオープン!

2022年4月、自由で洗練された、高品質な生活を実現するサービス付き高齢者向け住宅の新ブランド、『SOMPOケアラヴィーレレジデンス』が誕生!

第一号として、神奈川県横浜市に『SOMPOケア ラヴィーレレジデンス横浜本郷台』が4月1日に新規オープンしました!

 

どんなホームなのでしょうか?

特長① 多彩で高品質な共用空間

エントランスホールや廊下、1~3階の各階に設けられたラウンジは開放感があり、自由とゆとりに満ちた空間となっています。

エレベーター前の壁の色が各階で異なり、それぞれの階をやわらかな印象で彩るとともに、場所を認識しやすくしています。

さらに、1階のエントランス近くにはコミュニティスペースが!

地域の皆さんに開放し、会議や趣味など各種イベントにご利用いただく計画です。子供から高齢者まで、幅広い世代が交流できる場所になると良いですね。

エントランスホール

 

1階ラウンジ

 

2階テラス

 

3階エレベーター前

(2階はイエロー、4階はピンクです)

 

特長② 居室は見守り機能付き

居室は全室個室。当社のサービス付き高齢者向け住宅では初めて、全居室に睡眠センサーをセットした介護用ベッドと、人感センサーを標準装備しています。人感センサーは、一定時間感知されないと事務所に知らせがとどく仕様で、安心・安全を兼ね備えた住空間です。

 

モデルルーム

 

特長③ 心を癒すアート

損保ジャパンから、宮田三郎作「横浜港」など絵画5点を譲り受け、ホームの共用空間に設置。

コロナ禍で、美術鑑賞の機会をはじめ外出、趣味を楽しむことが難しい状況が続きました。

暮らしに芸術を取り入れ、ご入居者さまに楽しんでいただけることを期待しています。

 

特長は他にも!

・日中はコンシェルジュが常駐。

日常生活や介護に関する相談、健康状態の把握、医療機関の紹介など、必要に応じて適切なサービスを提供します。

・在宅介護サービス事業所を併設

訪問介護、訪問看護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、デイサービスを併設し、安心・安全・健康に過ごせる毎日をサポート。デイサービスは地域開放を予定しています。

加えて、外部機関が運営するクリニックも併設し、充実した環境です。

デイサービスの入口

 

 

■ホーム長から、コメントをいただきました。

「緑豊かな閑静な地、本郷台に、ラヴィーレレジデンス横浜本郷台がオープンいたしました。新ブランドとして、一からつくりあげていくことに、私も含め職員のモチベーションは高く、笑顔があふれ、明るい雰囲気のホームです。そんな仲間たちとご入居者さまにはもちろんですが、地域の皆さまにも必要とされるホームとして運営をしてまいります。SOMPOケアの皆さんも、お気軽にホームまでお越しください。職員一同、お待ちしております」郷家 誠二 上席ホーム長

 

ホームの紹介動画です。ぜひご視聴ください!

 

また、ホームの詳細はこちらでもご参照いただけます。

 

・2022年3月30日付ニュースリリース

サービス付き高齢者向け住宅 新ブランド 「SOMPOケア ラヴィーレレジデンス横浜本郷台」がいよいよオープン!!

https://www.sompocare.com/uploads/2022/03/news_0330_2.pdf

 

・当社公式ウェブサイト

https://www.sompocare.com/service/home/satsuki/H000455

いいね 6
読み込み中...
この記事をシェアする

ABOUT USこの記事を書いた人

矢板 菜穂美
広報部。2006年入社。介護職の魅力、介護現場の魅力を広くお伝えしていきたいと思っています!