header_watch220118
WATCH!600.210
連載
2022.06.03

『100歳リレー』~とうきび(トウモロコシ)と体操が好き~

ネクサスコート白石南郷  佐藤ヱミさま

 

「100歳リレー」では、全国のホームで100歳を迎えられたご入居者さまお一人おひとりにスポットをあて、日々のいきいきとされたご様子など「その方らしさ」をありのままにお伝えしていきます。

今回は、ネクサスコート白石南郷に入居されている、佐藤ヱミさまをご紹介します!

 

とうきび(トウモロコシ)で飢えをしのいだ戦時中

北海道は、新篠津(しんしのつ)ご出身の佐藤さま。

札幌市の北東に位置する新篠津村は、自然豊かな農村地帯で、お米の産地。「新篠津は本当に田舎よ」と笑います。結婚して札幌に出てくるまでは、ご家族と一緒に野菜を作っていたそうです。

戦時中は食べるものに不自由したそうですが、畑があったので、トウモロコシや夕顔、スイカなどを作って飢えをしのぐことができたといいます。

お米がなく大変ななか、なんとか食べ物を確保して過ごしたという、北海道新篠津村での貴重な経験談を伺うことができました。真剣な眼差しで、力強く語る佐藤さまが印象的です。

トウモロコシは今でも大好物。「北海道では“とうきび”というのよ」と教えてくださいました。

毎日の体操が、元気の秘訣

8月9日で101歳を迎える佐藤さま。元気でいらっしゃる秘訣の一つは、体操だそうです。「体操はなんでも好き。毎日やっているよ」。

ホームで実施している各種のレクリエーションにも、積極的に参加されています。

100歳のお祝いにご家族から贈られた手づくりの賞状。素敵ですね。

 

お話を伺ったのは5月中旬。「今の時期、北海道は野菜がとってもおいしいよ。アスパラとかね」と教えてくださいました。

おすすめの観光地は、定山渓(じょうざんけい)の温泉だそうです。定山渓は、札幌から車で1時間。ぜひ、行ってみたいですね!

名前の刺繍はお孫さんお手製です。

 

いいね 14
読み込み中...
この記事をシェアする

ABOUT USこの記事を書いた人

矢板 菜穂美
広報部。2006年入社。介護職の魅力、介護現場の魅力を広くお伝えしていきたいと思っています!