header_watch220118
WATCH!600.210
連載
2022.06.16

SOMPOケアギャラリー

作品番号⑤「丁寧に創り上げられた、木彫りの芸術」

<作者紹介>

飯野 禮子(イイノ レイコ)さま 92歳 / ネクサスコート白石南郷

精巧な細工が施された木彫りの温度計、本当に美しいですよね。作者は、ネクサスコート白石南郷にご入居されている飯野 禮子さま。

木彫りは5年ほど前まで、30年に亘って続けられていたご趣味だそうです。ホームにご入居されてからも、しばらくの間はホームの木彫りサークルで、ほかのご入居者さまも一緒に楽しまれていました。

なんと、彫刻刀コレクションは150本!お部屋に飾られていた作品は、ため息が出るほど美しいものばかり。完成まで数年を要することもあるそうで、その集中力と根気には、本当に頭が下がります。

華やかさと重厚感あふれる作品!

 

ホームでのレクも楽しみの一つ。椅子に作品を飾っています。

 

「タンスを3つ作ったけど、置き場所がなかったわ」と笑わせてくださる飯野さまは、ユーモアのセンスも抜群です。

民謡や長唄、刺繍など、多くの趣味を楽しまれてきた飯野さま。ご主人の転勤で、網走や北見、根室、函館など、北海道中で暮らしてこられたそうです。「転勤先では、趣味の教室に行くとお友達ができるのよ」と伺い、納得です。

居室で使用されている、飯野さま手彫りのタンス

 

北海道グルメは、根室の花咲ガニをおすすめいただきました!

ちなみに、ご主人はお隣の居室に。^^ 今も仲良く過ごされています。

いいね 8
読み込み中...
この記事をシェアする

ABOUT USこの記事を書いた人

矢板 菜穂美
広報部。2006年入社。介護職の魅力、介護現場の魅力を広くお伝えしていきたいと思っています!