header_watch220118
WATCH!600.210
トピックス
2022.08.09

社交ダンスが趣味の、ダンディな95歳 ~そんぽの家S札幌発寒~

 

ここは、札幌市西区にあるサービス付き高齢者向け住宅「そんぽの家S札幌発寒」。

共用スペースで寛ぐ、ダンディなご入居者さまに出会いました。

社交ダンスのコーチだった三浦さま

三浦 弘さま(95歳)です。ご出身は札幌。

この日はご家族が面会に来られ、ちょうどお帰りになったところでした。

背が高く、とてもスラっとされている三浦さま。

お話を伺ったところ、約20年間にわたって社交ダンスのコーチをお務めになっていたとのこと!元々ダンスに興味があり、20歳の頃、お兄さまと一緒に社交ダンスを始めたそうです。そして23歳頃から、お仕事の傍らダンスサークルでコーチをされていました。

もしや、奥さまとの出会いはダンスサークルでは、と思い聞いてみたところ、「お見合いだよ」と一言。

推理は外れました。笑

 

皆さま、お気づきになったでしょうか。

三浦さまの胸ポケットには、お孫さんの写真が。

かわいらしい2人の女の子が覗いているのです!

気付かなかった方は、もう一度よく見てみてくださいね。^^

今もダンスは現役!

スタッフの佐藤さんをお相手に、披露してくださいました。

楽しそうな笑顔が、すてきですね~

 

青空映える、そんぽの家S札幌発寒

 そんぽの家S札幌発寒は、40居室の2階建て。

訪問介護、居宅介護支援、訪問看護、訪問入浴、看護小規模多機能が併設している複合施設です。

札幌の市街地からは、電車で10分。便利な場所ですが、とても静かで長閑なところです。遠くには美しい山々がそびえ、北海道らしい大きな青空が広がっていました。

 

ホームが建つ前、この場所ではカモが卵を産み、子育てをしていたそうです。そして無事に巣立ちを迎えることができたという、とても縁起の良い場所です。^^

 

 

いいね 8
読み込み中...
この記事をシェアする

ABOUT USこの記事を書いた人

矢板 菜穂美
広報部。2006年入社。介護職の魅力、介護現場の魅力を広くお伝えしていきたいと思っています!